2月20日(土)、日創研大阪センター5階にて「13の徳目近畿地区大会」が開催されました。
我が大阪経営研究会からは、以下の7名のメンバーが出場しました。

永田順一さん(リーダー)
石橋良之さん
下村裕美さん
明珍裕美子さん
安倍孝一
鳥屋尾清さん

メンバーは、大会当日までの約3か月間、毎週2回朝6:30から猛練習に励み、「私達の実演を見て、導入したいと思えるような元気な朝礼」をめざして取り組んでまいりました。
今大会から、審査基準もより明確になり、審査員も厳正に選ばれ、審査委員として勉強会にも参加された方々が審査に当たりました。
朝礼実演で評価されるのは、コーチング力があり人材育成になっているか、実際に導入してみたい朝礼になっているか、という点でした。
近畿地区の各地経営研究会は、どのチームもレベルが高く、どこが優勝してもおかしくない熱い大会となりました。
その結果、優勝は南大阪経営研究会となりました。南大阪経営研究会の皆様、全国大会も頑張ってください。

大阪経営研究会のメンバーは惜しくも優勝を逃しましたが、この大会に選手として出場することでメンバーの結束も高まり、朝礼を導入することがモチベーションを高め、人材育成に役立つかを、まのあたりにして、体験することができたと思います。
本当に、がんばりました。ありがとうございます!

総務広報委員会 副委員長 安倍孝一