講師 甲斐 輝貴氏
平成30年度6月例会 担当:ありがとう経営委員会

テーマ:経営理念の浸透は社風づくりから

4店舗で年間40万人以上の来客数を誇る「チキン南蛮」発祥のお店『おぐら』を展開する株式会社おぐらの甲斐輝貴社長は、経営理念への思いを社員さんに毎日伝え、表彰制度や経営計画発表会、社内勉強会など社員さんを認めることを重視し「目に見えない部分」の心の教育を行いコア・コンピタンス経営を実践されています。
今回は理念を浸透させるための社風の重要性と実践事例をお話して頂き、社風改善のヒントを学びます。


【日時】平成30年6月27日(水)
  受付開始 18:00 ~
  例会 18:30~20:50
  懇談会 21:00~22:30

【会場】ホテルイルグランデ梅田
大阪市北区西天満3-5-23
電話:06-6361-7201

【参加費用】
  例会  会員及び社員さん 無料
      オブザーブ(一般参加) 2,000円 ( オブザーブの方は必ず名刺をご持参下さい)
  懇談会 1,000円(飲食費として)

【講師プロフィール】
株式会社おぐら
代表取締役 甲斐 輝貴氏
東京の中華料理店での10年間の修行を経て1978年父親と叔父が共同経営する有限会社おぐら(本店・宮崎)に入社。
1992 年に分社化した現会社で専務に就任後、1995年に社長就任、現在宮崎県で4店舗展開中。
「うまいものづくり・人づくり」という経営理念を掲げ、お客様をはじめ働くスタッフの幸福を創り、家族や地域社会を豊かにする経営に取り組んでいます。