講師 木下サーカス株式会社 代表取締役社長 木下唯志氏
平成28年度 7月特別例会 担当:会員拡大交流委員会

テーマ「木下大サーカスの使命感とは ~逆境を乗り越え世界一を目指す~」


学べるポイント
1. 経営者の強い使命感が会社を変える
2. 逆境を乗り越える経営者の意志
3. 世界を目指すまでの木下社長の実体験

創業から114 年の木下大サーカスはかつてサーカスブームの一翼を担った。
しかし、娯楽の多彩化でサーカス団は経営の危機に陥る。周囲に廃業を勧められたが絶対に潰したくないという想いから様々な事に挑戦し、ついには年間観客数130万人(世界第2 位)までになった。
その秘訣は木下社長の世界一にこだわる強烈な想い、そして、不可能を可能にする強烈な使命感にあります。この講演を通して使命感の重要性と世界一を目指して困難を乗り越えてきた実体験を学びます。


【日時】平成28年7月30日(土) 
  受付開始:13時00分
  開会:   14時00分
  閉会:   16時30分

【会場】大東市立市民会館2F ホール
  〒574-0076 大東市曙町4-6 tel.072-871-0001


木下唯志氏 プロフィール
昭和25年2月25日 岡山市生まれ
昭和49年  明治大学経営学部経営学科卒業
      在学中は体育会剣道部に所属 剣道三段
同 年   木下サーカス株式会社入社
      空中ブランコのフライヤー(飛び手)を経て地上勤務(営業職)へ
昭和56年  常務取締役 海外本部長兼務
平成3年   4代目社長に就任
平成4年   日本仮設興行協同組合 副理事長に就任
平成9年   神戸震災復興支援公演で被災者10 万人を無料招待 感謝状を受ける
平成10年  モナコ王国レーニエ国王よりモンテカルロサーカスフェスティバルに特別招待を受ける
平成11年  タイ国ランパン象保護センターに象の病院( KINOSHITA ELEPHANT HOSPITAL )を建設寄付
平成14年  創立100 周年を迎える(100 周年誌を刊行)埼玉県 彩の国功労賞 受賞
平成15年   山陽新聞賞(産業功労賞)受賞
平成18年1月 日本仮設興行協同組合 理事長に就任
平成20年1月 モンテカルロ国際サーカスフェスティバル(モナコ)ECA ( EUROPEAN CIRCUS ASSOCIATION )
       シンポジウムにてアジア代表として英語でスピーチ国際サーカス連盟設立に寄与
    2月 社団法人 日本フィランソロピー協会より特別賞
      「子どものこころ育成賞」 受賞
平成22年4月 「第1 回ワールドサーカスデー」サーカス文化への理解を深めるECA の全世界でのイベントに参加
       名古屋公演会場でパネル展と特別招待を実施
平成23年1月 モンテカルロ国際サーカスフェスティバル(モナコ)の審査員に日本人として初めて選出される。
       アルベルト二世大公に表敬、ステファニー王女とともに6名のトップ席で審査員を務める。
平成23年3月~6月 東日本大震災復興支援として、計1,000 万円を寄付
平成27年1月 モナコのステファニー王女より、世界サーカス連盟の2015年の大使
       Ambassadeur du Cirque 2015に任命され、世界で6 人目の特別大使となる。

皆様のご参加を心より、お待ちしております。